HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

原発は今どうなっているのか

震災直後はニュースを席巻していた原発問題も、たまに特集が組まれる程度に落ち着いてしまいました。 私は今でも定期的に、保護者同士で集まり放射能からどう身を守るべきか話し合いを続けています。 子供たちには雨が降ったときにはレインコートを着せ、飲用水にも気を遣っています。 でも、肝心の原発周辺の動きが全く伝わってこなくなってしまったので、根本的な対策は立てられません。 私たちは、不安に怯えていることしかできないのでしょうか。 時間が経過するとどんなニュースも薄れていきます。 でも、この問題だけは時間が過ぎるほど危険が増し、手遅れになってしまうのではないでしょうか。 目の前で子供が大きくなっていくのを見守りながら、どうにもできない、してくれない現状に焦りを感じています。

応援企業

ヒューマン 伊藤真哉 三重は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 ヒューマン 伊藤真哉 三重
WEBサイト ヒューマン(三重)の社長である伊藤真哉氏
会社案内 伊藤真哉氏(ヒューマン・三重)が考えることの重要なポイントとして、従業員を大切にすることが第一に挙げられるのは、社内でも有名な話だという。 ISO教育では、「ISO 9001(品質)」と、「ISO 14001(環境)」の教育を受ける必要があり、どちらも必須の教育内容となっている。 株式会社ヒューマンは、三重県鈴鹿市算所に本店をかまえる企業であり、資本金は2,000万円の人材派遣事業を展開する伊藤真哉社長の会社である。 初期段階の教育内容を受けた従業員は品質教育(品質・マネジメント・不良対策)・安全衛生教育(5S・KYT/危険予知、対策)を受ける必要がある。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1~8

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。